映画「壬生義士伝」あらすじ、感想【名シーンだらけ!新選組にいた守銭奴の話】

壬生義士伝

滝田洋二郎監督による感涙必至の時代劇。

ドラマや舞台、漫画にもなっている今作品ですが、原作は浅田次郎の小説です。歴史にあまり興味がない人が観ても感動できる素晴らしいヒューマンドラマとなっているのでオススメの一作ですね。

名シーンが連発する至極の邦画なので観て損はありません!

作品情報

2003年公開。優秀新人賞を上戸彩長澤まさみオダギリジョーが受賞した時代。監督・滝田洋二郎は2008年におくりびとでまたも最優秀作品賞を受賞しました。

最優秀作品賞
最優秀主演男優賞 – 中井貴一
最優秀助演男優賞 – 佐藤浩市
優秀監督賞 – 滝田洋二郎
優秀助演男優賞 – 三宅裕司
優秀助演女優賞 – 中谷美紀

あらすじ

新選組で守銭奴や出稼ぎ浪人などと呼ばれながら近藤勇、土方歳三、斎藤一、そして沖田総司など新選組の名だたる隊士が一目おいた田舎侍・吉村貫一郎が繰り広げる武士としての義、家族への愛、友との友情という人間ドラマを描いた作品。

壬生義士伝

キャスト、スタッフ

原作 – 浅田次郎
監督 – 滝田洋二郎

吉村貫一郎 – 中井貴一
斎藤一 – 佐藤浩市
しづ・大野みつ – 夏川結衣
ぬい – 中谷美紀
佐助 – 山田辰夫
大野次郎右衛門 – 三宅裕司
近藤勇 – 塩見三省
土方歳三 – 野村祐人
沖田総司 – 堺雅人
伊東甲子太郎 – 斎藤歩
永倉新八 – 比留間由哲
谷三十郎 – 神田山陽

他にも伊藤英明や加瀬亮、堀部圭亮などがちょこっと出ています。大河ドラマの新選組なみに豪華ですねw

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

 

 

 

 

感想(ネタバレ有り)

  • 吉村貫一郎が本当に守りたかったもの
  • 2時間過ぎた先に本当の山場がある
  • わかっていても涙がこぼれる佐藤浩市の演技

守銭奴・吉村貫一郎、史実ではどうなのか?

まずは主人公の吉村貫一郎について

新選組というと近藤勇土方歳三沖田総司など、主要メンバーの印象が強いので他の隊士にはあまりフォーカスがあたらないが、実は面白い人が沢山いるのだ。その中でも吉村貫一郎はかなり不思議な存在である。まず本物の吉村は奥州出身という事以外あまり詳しくは情報が残っていない。新選組内で秘密裡に動く監察方という役職だったのも影響しているのかな。ちなみに次男だったので生涯結婚はしてないんじゃないかと思われる。それでも不思議な存在と言えるのは、バックボーンが何もないのに新選組において沖田総司や斎藤一、永倉新八と肩を並べる撃剣師範という役職も兼任していた事や、重要な席にも顔を連ねていた事。この事から相当な剣術の腕前はもちろん、頭もきれる人だったんじゃないかな。というわけで、映画とは少し違う人物だったと言えると思う。

さて、本題である映画の吉村貫一郎はどんな人物かというと、いつもヘラヘラした田舎侍でお金を貰うためにはいくらでもへりくだる。気が付けばまわりから守銭奴と呼ばれた男である。でも何故そこまでお金を欲していたのかというと、田舎に残してきた家族に送金する為なのだ。要は出稼ぎお父さんなのよね。

こうして書くと主人公にする程の人間だったのか?という疑問を持つ人もいるだろうけど、当時は激動の幕末であり新選組だけじゃなく坂本龍馬を筆頭に薩摩、長州など沢山の武士が国の存亡を考えて右往左往していた時代。どこいったって「この国の未来は俺たちにかかっているのだ!」と声があがるような意識の高い土壌があり、その中で田舎の家族の為に金を稼ぐという本音を隠さずに生きたというのは、かなり特異な人間と言えるだろう。

しかし誤解しないでいただきたい。この映画はそんな家族の為に頑張っているお父さんどうっすか??という安直な感動の安売りではなく、もっと繊細でリアルな本当の侍とは何か?を描いた超名作なのだ。

吉村が本当に守りたかったのは国ではなく家族だったのは間違いない。しかし筋を通し、義を守り、侍の矜持を持って国の為に戦ったのも間違いないのだ。矛盾しているよね。でも矛盾してるからこそ人間らしく、斎藤一がもっとも憎んだ程かっこよいのだ!

名作の王道をいくストーリー構成に+αされた本当の山場

名作には方程式がある

僕は当ブログでもよく書くけど、映画とは大体2時間という限られた枠で展開されるエンターテイメントであり、名作と言われる作品には共通点が多い。まず開始10分程度でつかみがあり、40分前後で話の転機、ラスト30分~40分でクライマックスの山場を作る。

今作品もまさにこの方程式のように話が進んでいき2時間手前あたりで中井貴一の圧巻の一人語りシーンがある。が、僕が驚いたのはその後だった。普通は説明しすぎている映画って作品をつまらなくするというか、冷めるんだよね。僕自身、観終わった後に「主人公はその後こうなっていったのかなー」とか「うわあ!この時主人公は内心こう思ってたのかなー」なんていう妄想できる余白がある映画の方が好きだ。しかし今作品は2時間すぎた後、かなり詳細にその後のエピソードを描いている。ただ、本来なら余韻程度になるべきラスト15分こそ本当の山場だったのだ。

もっと言えば中井貴一の一人語りシーンで終わっていたら・・・凡作とまでは言わないけど超名作とは言わなかったと思う。

で、このラスト15分、吉村の本当の最期や残された吉村の家族達のその後を描いているのだが、ある一人の人間にフォーカスがあっていく。それは吉村の娘であるみつである。みつは小さい頃から父や兄との別れを経験し辛い思いをしてきたが、何とか吉村の仕送りで生きてきたのだ。そんなみつに再会というか・・・初めて会った時の佐藤浩市演じる斎藤一の心情にこそ今作品の神髄があると言いたい。

斎藤一にとって吉村貫一郎という男は、恥も知らない守銭奴の田舎侍であり、それが家族の為だと知っていても下品なかっこ悪いやつだった。しかし錦の御旗を掲げ官軍と名乗る相手に「天皇様に弓引くつもりはあらねども、拙者の義の為に戦はせねばなりもうさぬ」と叫び特攻するというまさしく侍、本当の武士としての姿も見ているのだ。そこまでして吉村が守り抜いた娘・みつと会った時、斎藤はどれほど嬉しかっただろうか。どれほど悔しかっただろうか。

夏川結衣演じるみつが出てきた時の佐藤浩市の表情仕草だけで今作品は超名作と言っていい。僕が今作品において一番好きな名シーン・・・何回観ても泣けるよ。

評価

浅田次郎の原作は読んだ事があるだろうか?原作はもっと長編なので滝田洋二郎監督はかなり苦労されたと思います。ちなみに本来メガホンをとるはずだった相米慎二の急死により、滝田洋二郎が監督となったそうな。

正直、堺雅人や中谷美紀、特に三宅裕司など他のキャストの名演技なんかも沢山書きたい事がある程、今作品は名シーンが多いんですが、そこはまだ観てない人達の為にもあえて書きませんでした。人によって一番好きなシーンが結構違うんじゃないかな?と思いますので、是非ご自身の目で観てみてください!

佐藤浩市はたまに「所詮父親である三國連太郎を超えられない」とか言われてますが、そんな事は断じてありません!そんな事を言う人にこそ、あのみつとの出会うシーンを観てほしいですね。日本が誇る役者の一人であると断言します。ちなみに父の三國連太郎が怪演している復讐は我にありもおすすめですよ。

ここまで長々と読んでくださっておもさげながんす

では、良き映画の時間をお過ごしください。