映画「ショーシャンクの空に」あらすじ、感想【刑務所で見る希望】

ショーシャンクの空に

1994年に公開されたフランク・ダラボン監督の刑務所モノ感動巨作。

フォレスト・ガンプパルプフィクションなど、この時期の映画は100年先も語り継がれるであろう名作がポンポン飛び出ております。ちなみに前年にはスピルバーグがトランス状態でシンドラーのリストジュラシックパークを世に出していますwそんな群雄割拠状態の中でも独特な光を放ったのがこの作品。

ただの感動作ではなく、観終わった後に元気を与えてくれる希望をテーマとした映画ですから、疲れてる時なんかはオススメですよ。

作品情報

  • 1995年 アカデミー賞 7部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響賞)ノミネート
  • 1995年 ゴールデングローブ賞 2部門(男優賞、脚色賞)ノミネート
  • 1995年度 第19回日本アカデミー賞 外国語映画賞
  • 1995年度 キネマ旬報ベストテン 外国映画作品賞、読者選出外国映画監督賞、読者選出外国映画ベスト・テン第1位
  • 1995年度 毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞
  • 1995年度 報知映画賞 外国作品賞

そこら中で評価されていますねw「1番好きな映画」としてこの作品をあげる人も多いのではないでしょうか?

あらすじ

とある刑務所の受刑者が勝ち取り、分け与えた解放と救い-。誰の心にも静かに、爽やかな感動が訪れる…。 

ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。
最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係”のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。
そんなアンディが入所した2年後のあるとき、アンディは監視役のハドレー主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。
この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく・・・。 (引用:amazonより)

ショーシャンクの空に

amazonより

キャスト、スタッフ

  • アンドリュー・”アンディ”・デュフレーン:ティム・ロビンス
  • エリス・ボイド・”レッド”・レディング:モーガン・フリーマン
  • サミュエル・ノートン刑務所長:ボブ・ガントン

アカデミー賞ではモーガン・フリーマンが主演男優賞ノミネートしてましたよ。エンドロールではティム・ロビンスが一番上だったのでダブル主演という形だったのかもしれません。ちなみにモーガン・フリーマンは作中の語り部もやってます。

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

 

 

 

 

感想

名言連発!セリフが素晴らしい映画

希望とはなんなのか?を考えさせられる。

小学校で必修鑑賞にするべきレベル

大人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」を作った人

この映画はあまりにも不運な出来事から始まる。

時代は第二次世界大戦が終戦した2年後の1947年。若くして銀行副頭取までのし上がったアンディだが、とある晩・・・彼の妻と不倫相手の2人が殺されてしまう。アンディは犯人ではないのだが、事件当日に現場近くで銃を持っていた事が確認されている為、最後まで否認するも終身刑を言い渡されショーシャンク刑務所に収監されてしまう。しかもアンディは刑務所内でボグスというイカれたやつに目をつけられ、毎日のようにボコられケツを掘られる日々を送る。アンディも抵抗して、時には撃退したがそれでもしつこく何度も襲われた・・・まさに地獄だ。自分だったらどうする?と考えると絶望どころではない。大半の人間は精神が保てず気が狂ってしまうんじゃないだろうか。

そんなアンディと仲良くしてくれたのが刑務所内で調達屋をしていたレッド。彼も同じく終身刑であり、既に20年もショーシャンクにいた。モーガン・フリーマンが演じているんだけど、相変わらず安定の演技である。映画好きは誰もが思うはず。モーガン・フリーマンが出ている映画は腰が据わるというか、安心できるのだw

あらすじにも書いたが、アンディは監視役のハドレー主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。そしてそれはアンディが囚人の皆と打ち解け始めるターニングポイントとなる。特にビールを飲む屋上でのシーンは素晴らしい!刑務所モノとは思えないほどほっこりする。

ここまでがプロローグなんだけど、ハッキリ言ってこの映画は映像のインパクトがほとんどなく終始ノンビリしている。それでも引き込まれていくのは監督フランク・ダラボンの本業が脚本家だからか、ちょこちょこウィットに富んだセリフをいれてくれるからだろう。そこにモーガン・フリーマンの語りも加わり、まるで小説を読んでるかのような気分になる。なんと心地よい。

ちなみにフランク・ダラボンは元々ホラー畑の出身、大人気ドラマ「ウォーキング・デッド」の企画・制作・監督をした人だよ。

ラスト30分のカタルシスはゾッとするのに笑えちゃう

さて、物語は後半へ。

アンディはハドレー主任の遺産相続問題を解決した事で刑務所長に気に入られ、所長や刑務官達の税理士みたいな事をするようになる。作業も洗濯雑務係から図書係に。ちなみに元々図書係をしてきたブルックスというお爺ちゃんがいるんだけど、後々悲しい自殺を遂げてしまう。ここだけじゃないけどダラボン監督は、心情描写がリアルすぎてマジで胸がキューっとするよw

アンディの刑務所生活も既に約20年が経過、レッドに至っては40年・・・彼はいつまでたっても仮釈放が認められず、もはや諦めていた。しかしアンディは言う「希望を捨てちゃだめだ」と。そしてとうとうアンディはレッドに初めて自分の夢を語りだす。「私はいつか太平洋に面したメキシコのジワタネホという町に住み、海岸の近くにホテルを開きたいんだ」と。レッドはいつもと様子が違うアンディを心配した。もしかしてブルックスのように・・・。

次の日の朝、点呼の時に房からアンディが出てこないので、刑務官が見に行くと・・・なんと脱獄していた。アンディは20年もの間、ずっと夢を諦めず心に希望を持ち、脱獄後のお金や名義なども含めた全てを綿密に計画していたのだ。ここから映画は一気に加速する。そしてカタルシスがすごいwアンディの希望への執念はもはやホラーに近いものがあり、少しだけゾッとするwでも痛快なんだよね。不思議な感覚だ。

必死に生きるか、必死に死ぬか。

アンディが脱獄した翌年、レッドもとうとう仮釈放が認められ40年ぶりに外の世界で生活を始める。しかし刑務所にしか友達がいないレッドには、ただ生きているだけの日々があまりにも辛かった。そんな中、以前アンディが話していた事を思い出す。「もし仮出所が出来たらバクストンの牧草地にあるカシの木に来てくれ、その下にある物が埋まっている」という言葉。レッドはそこに向かい、ある手紙を見つける。

レッドへ
仮出所おめでとう。ついでに私の所へ来てくれ。町の名前を覚えているか?仕事を手伝ってほしい。チェス盤も用意した。レッド、希望は素晴らしい。何にも替え難い。希望は永遠の命だ。これを読む君が元気だといいが。アンディより

アンディは最後までレッドの背中を押してくれたんだね。そしてレッドがバスに乗りメキシコのジワタネホを目指し終焉を迎える。そしてその道中、レッドは初めて前向きな夢と希望に満ちた気持ちを吐露する。

ワクワクして落ち着かない、自由な人間の喜びだ。この長旅の結末はまだわからない。

国境を越せるといいが
親友と再会できるといいが
太平洋が青く美しいといいが

私の希望だ。

評価

ちなみに映画のラストシーンで2人は再会しますが、原作にその描写はなくフランク・ダラボン監督も付け足すかどうか悩んだそうです。別にあの海での再会シーンも素晴らしいのですが、個人的には無い方が良い余白になったんじゃないかな?と感じました。なんというか丁寧すぎる!と感じてしまう部分があるというかw

ただ、名作中の名作であることは間違いありません。

この映画は現実と真剣に向き合い、どんな状況だろうと誰になんと言われようと希望を捨てなかった人間の話です。確かに描写がエグい部分もありますが、それらも含めてこの映画には人生で大切な事が詰まっていると思います。どうか全国の小学校で子供達に鑑賞させてあげて欲しい!教師の皆さま、どうぞ宜しくお願いいたしますw

しかしドラマ「ウォーキング・デッド」でもそうなんですけど、フランク・ダラボン監督は人間関係を描くのが本当に上手ですね!この人の「ミスト」という作品も良かったらご覧になってみてください。やはり人間関係の描写が面白く、ホラー映画の中でもかなりエッジの効いた作品になってますww

では、良き映画の時間をお過ごしください。