映画「復讐するは我にあり」あらすじ、感想【元ネタは?タイトルの真意は?】

復讐するは我にあり

実際にあった連続殺人事件が基になる今村昌平監督の作品。

今作品は何とも胸糞悪くなったり、主人公の行動の意味がわからなかったり、タイトルの意味がピンとこなかったり・・・と観た後にモヤモヤする人も多いようなので、そこら辺も本記事にて解説していきます。

ちなみに映画作品としてはもちろん面白いのですが、何よりも俳優陣の演技が素晴らしいです。演技と思えない程のリアリズムは一見の価値がありますよ!

作品情報

1979年公開。原作は佐木隆三の小説。当時は映画化権を巡って色々ともめたそうな。結果、今村監督がメガホンをとりアカデミー作品賞をはじめ、数多の賞を受賞しています。

最優秀作品賞
最優秀監督賞 – 今村昌平
最優秀脚本賞 – 馬場当
最優秀助演女優賞 – 小川真由美
最優秀撮影賞 – 姫田真左久

あらすじ

九州、浜松、東京で五人を殺した上、史上最大と言われる重要指名手配の公開捜査をかいくぐって、時には大学教授、時には弁護士と称して詐欺と女性関係に明け暮れる犯罪王の生き様を、エネルギッシュに見事に描いた、日本映画史を語る上で欠くことのできない傑作。

復讐するは我にあり

キャスト、スタッフ

原作 – 佐木隆三
監督 – 今村昌平
脚本 – 馬場当、池端俊策
撮影 – 姫田真佐久

榎津巌 – 緒形拳
榎津鎮雄 – 三國連太郎
榎津かよ – ミヤコ蝶々
榎津加津子 – 倍賞美津子
浅野ハル – 小川真由美

他にも脇に火野正平や菅井きんなどが出演しています。昭和の名優だらけですね!

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

 

 

 

 

感想(ネタバレ有り)

  • シンプルなクズの半生
  • ドキュメンタリーのようなリアリティ
  • ハルを殺した動機に人間性がある

元ネタは?圧倒的なリアリティで描いた殺人事件

元ネタは1963年~1964年に起きた西口彰事件という連続殺人事件。

西口彰は人を騙しては金をとり、人に取り込んでは殺して逃げる。得た金で博打をうってはまた人騙す・・・狂おしい程のクズだ。今作品はかなり忠実に描いており主人公の榎津巌(えのきづ いわお)もまさにクズで凶悪だ。

お金が殺人の動機というのは往々にしてあるが大金というわけでもなく、ただただその日暮らしの為に人を殺していったというところにこの男の狂気がある。しかも巌は反省してないどころか、終始どこかふざけているというか・・・変に明るいのだ。逃亡中に自殺を偽装するわ、弁護士と偽って詐欺で金をだまし取るわ、やりたい放題した挙句また人を殺し、気が付けば犠牲者は計5人という・・・一体何のために生きているのか。こんな人間には絶対に関わりたくないと思うだろうけど、これがまた一見普通なのが恐ろしい。

今作品のすごいところは今村監督の持ち味であるリアリティにある。中でも驚いたのは、旅館での殺人シーンが実際に西口彰が殺人をした旅館で撮影されたという点・・・旅館の遺族にどう説明したのか、当時の世間はどう感じたのか等と色々気になるけど、何にしても監督・今村昌平をはじめ制作陣の意気込みは感じざるを得ない。ただリアリティのある映画というのは、面白いかもしれないが題材がクズによる殺人事件となると少し引っかかるのも事実で、映画化権でもめた当時の東映側は「連続殺人犯の映画はヒットしない」と怒って反対したそうだ。事実を基にした殺人事件の映画というのは今なら当たり前にあるジャンルの一つだけど、正直なところ被害者の感情をないがしろにしてしまう可能性がある作品という事は制作側も観る側も頭に入れておくべきじゃないかなと個人的には思う。

ただ、実際の殺人事件をこうしてリアルに描いた理由は今作品のタイトルの真意に繋がるのだ。

「復讐は我にあり」の真意

僕はどんな映画でも観終わった後にタイトルを確認する。というのもタイトルを見直した時に「なるほどなー!」としっくりくる事が名作にはよくあるのだ。しかし今作品はタイトルを見てもよくわからなかった。そこで「復讐は我にあり」という言葉自体を調べてみたら、すごく納得!原作の佐木先生の真意が理解できた。

「愛する者よ、自ら復讐すな、ただ神の怒に任せまつれ。 録して『主いひ給ふ、復讐するは我にあり、我これに報いん』」(新約聖書(ローマ人への手紙・第12章第19節)より)

なるほど、聖書からの引用だったのか。引用文の「我」っていうのは神の事。ざっくり言えば「悪い奴がいても報復するな、それは神がやる」って事なんだね。どうだろう?これであなたも「なるほどなー!」となったんじゃ?

目先の金の為に人を殺しまわり、ギャンブルと女に明け暮れ、反省もせず場当たり的に生きたクズ男・榎津巌・・・映画だとわかっていてもリアリティのある作風に演技、正直むかついてモヤモヤした2時間だったけど、これでストンと納得してしまった。このクズ野郎を許せないという感情こそ正解だったのだ。こんな奴はもはや人や法律、国家が裁けるレベルではなく神様に委ねるしかないって事。本当にその通りだよ。逆に考えていくと、映画を観終わった人達に面白いとかつまらないとかの前にただただむかつく主人公だったと思わせた制作陣と役者、そして原作自体が素晴らしかったという証明なんじゃないかな。

でも・・・こんなクズな主人公だけどサイコパスではなく、彼なりの優しさみたいなものを少しだけ感じた。それは作中で最後の殺人として描かれる愛人を手にかけた動機だ。

評価

まるでドキュメンタリーのような完成度の高いサスペンス。

ここまでリアリティを追及した理由は実際の犯人である西口彰に対しての怒りを感じますし、今村監督ならではだったと思います。終始むかついて観ていたのに面白いと思える作品はかなり稀なんじゃないでしょうか?

で、主人公についてですが最後の愛人・ハルを殺した動機だけが引っかかりましたね。他の殺人は目先の金や場当たり的に殺しているのに対してハルだけは明らかに違う動機です。多分ですけど、ハルはつまらなく辛い毎日に嫌気がさしていたからこそ、非現実的な巌に惹かれてしまったんじゃないでしょうか。現実逃避に近いものがあったんじゃないかと思います。連続殺人犯だとわかってからも受け入れてしまうハルと、もはや捕まるのは時間の問題である巌・・・僕には最後のハル殺しが無理心中に見えました。ここに巌の中に残っていた小さな人間性・・・優しさみたいなものが浮き出た気がします。もちろんそれさえも自己中心的で醜悪な人間性ですがw

人間とは元来醜悪な狂気を持っている。それを理性で抑えるところに美徳があり、その理性は社会で育まれる。社会から離反して生きてきた榎津巌は狂気を恥じず悪になってしまった・・・そんな悪人・榎津巌をひとりの男として唯一愛してくれたのがハルだったと思うと、無理心中だろうが何だろうが巌にむかついてきますが、それでも榎津巌も人間ではあったんだなーとw

なんだろう、まるで太宰治のような・・・いやー意外と奥が深い名作だと思いました。今は亡き名優が沢山出てきますので、是非一度ご覧ください。

では、良き映画の時間をお過ごしください。