映画「ダークナイト・ライジング」あらすじ、感想【名作?駄作?ラストの解釈】

ダークナイトライジング

バットマンビギンズダークナイトと続くクリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズ三部作「ダークナイト トリロジー」の最終章。

本作ではバットマンに古くから登場するキャラクターが沢山でてきてストーリーに色々と複雑に絡んできますよ。個人的にはとても面白かったんですけど駄作だという人もいますね。本記事では駄作と言われる理由なんかも書いていこうと思います。

作品情報

2012年公開。当時プレミア上映されたアメリカ・コロラド州の映画館で12人も犠牲者を出した銃乱射事件がありました・・・。この為、プロモーションやイベントは全て中止になったのですが、この三部作は興行収入が右肩上がりで今作品では前作を超える10億8000万ドルを記録しています。

ちなみにアカデミー賞は受賞無し、残念!

あらすじ

舞台は前作から8年後・・・デント法により平和が訪れたゴッサムシティ、バットマンを引退したブルースは生きる希望を失い家に引きこもっていた。しかしその平穏は影の同盟を破門された過去を持つベインの出現によって壊される。堕ちたヒーローが最後の戦いに挑む。シリーズ最終章・・・。果たしてバットマンはゴッサムシティを救えるのか?

ダークナイト ライジング

キャスト、スタッフ

監督 – クリストファー・ノーラン
脚本 – クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン

ブルース・ウェイン / バットマン – クリスチャン・ベール
セリーナ・カイル / キャットウーマン – アン・ハサウェイ
ベイン – トム・ハーディ
ミランダ・テイト – マリオン・コティヤール
ジョン・ブレイク – ジョセフ・ゴードン=レヴィット
アルフレッド・ペニーワース – マイケル・ケイン
ジェームズ・“ジム”・ゴードン – ゲイリー・オールドマン
ルーシャス・フォックス – モーガン・フリーマン

アン・ハサウェイがサターン賞で助演女優賞を受賞しています。

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

 

 

 

 

感想(ネタバレ有り)

  • ジョーカーの後を引き継ぐ重圧
  • 今作はクライムサスペンスでもアクションでもない
  • ラストはあれでいいんだ!

駄作という人がいる理由

まずはじめに・・・僕は名作だと思う。

しかし今作は駄作という人もちらほらいる。理由は色々あるのだが、第一に前作ダークナイトの残した爪痕がすごすぎた。第二にクライマックスまでの助走、ざっくり言えば中だるみがある。そして第三にラストの解釈によるものではないか?と思う。

まずダークナイトの爪痕だが言うまでもなくジョーカーの圧倒的な存在感だ。演じたヒース・レジャーは完璧を超える異常なまで魅力的な悪役だった。今作はその2作目よりも面白いものを求められるわけで、それはそれはハードルが高かったと思われる。しかし、今作の悪役であるベインも決して悪くなかった・・・というか、素晴らしい悪役だったでしょう?トム・ハーディだって素晴らしい演技だったし。ただジョーカーがやばすぎただけだ!あれを超える悪役がいるなら教えてほしいよ。映画以外の全てのエンターテイメント作品を見渡してもいないと思うんだけども。

次に中だるみを感じてしまった人がいたという点だが、これは否定しない。確かに中盤少し刺激に欠けるが、それはあくまでもバットマンにアクションを求めていたからだと思う。改めて三部作をしっかり観ればわかるはず、最終章である今作はクライムサスペンスでもアクションでもなく、ヒューマンドラマなのだ。もっと言えば主役はバットマンではなく、ゴッサムシティの住人である。この前提の小さな誤解というかズレみたいなものが中だるみと感じる原因じゃないだろうか。

ラストの解釈については後述する事にして、この2つの要因は大きかったね。でもはっきり言うけど駄作では断じてない。同じような理由で駄作と言われる映画シリーズがあるんだけど、それはエイリアン3。エイリアンもまたリドリー・スコットによる1作目がSFホラーとして、ジェームズ・キャメロンによる2作目が超ド級SFアクションとして共に超名作が続き、ディビット・フィンチャーによる3作目が駄作と言われている。特に2の凄まじいアクションの印象は強く、それを求めた人達が駄作と言っているだけだと僕は思う。エイリアン3はアクションでもホラーでもなく、まさかのミステリーサスペンスなんだ。皆当たり前のようにホラーやアクションとして観てるけど、フィンチャーはこの初監督作品で主人公をあの衝撃のラストにしたんだからね、誰が予想できただろうか。むしろ超大作エイリアンのファンに喧嘩を売った彼を僕は称賛したい。

少し話がそれたけど、クリストファー・ノーラン監督はこの三部作でバットマンという子供向けコミカルアクション映画を超シリアスで上質なヒューマンドラマに作り替えたんだ。それも1作目から圧倒的なリアリティと根拠、そしてディティールを肉付けてね。その上での最終章となれば、必然こうなる。

確かにジョーカーのダークナイトを超えたとは思わない、ただ駄作ではない。むしろ名作だ。

ラストの解釈・・・バットマンは生きてたの?死んだの?

ネットを調べてみるとラストの解釈においてバットマンはあのまま死んだと主張してる人も少しいた。まあ確かに核爆弾運んでて爆発してるからねw

でも断言するけどラストのシーンはアルフレッドの夢オチじゃなく現実だ。というか、そうじゃないと説明のつかないシーンがいくつかあるんだよね。それは最後に集約してるんだけど、まずはバット(飛行機ね)の自動操縦システムがブルース・ウェインによって修正されている点、そして遺品のネックレスがなくなっているという点。つまりバットマンは最後あの飛行機で核爆弾を運んで飛んでいったけど、自動操縦にして緊急脱出しているから助かっている(でもまわりには死んだと思わせなきゃいけない)。そしてアルフレッドがイタリアに行ったのはネックレスに発信機がついていたから(セリーナが首につけていた)。

ええ!さすがに強引じゃない??

と思う人もいるかもしれないけど、実はこれらの事は全て制作者やクリスチャン・ベールのインタビューなどで明確になっているし、そうじゃなくてもバットマンであるブルース・ウェインの気持ちや今作のテーマを考えるとこのラストじゃなきゃだめだったと僕は思う。それはブルース・ウェインの生への渇望・・・穴から這い上がる時に命綱を付けずに登った事でブルースはやっと死への恐怖を感じ、だからこそバットマンとして最後の戦いに挑めたんだ。

でも誤解しないでほしいのは、最後バットマンが死んだという解釈はあってるという事。最後アルフレッドが見たのはバットマンではなくブルースなんだ。つまりブルース・ウェインがブルース・ウェインとして人生を歩み出したんだね。

改めて断言するけど、こんな素晴らしく綺麗なまとめ方をした今作品が駄作なわけがない、名作だ。

主役はゴッサムシティの住人

今作の主役はバットマンではなく、ゴッサムシティの住人である。

僕にはずっとバットマンが引継ぎをしているように見えた。ゴッサムシティの平和を保つ為にバットマンがいつまでも戦えるわけではない。作中にも描かれているようにブルースの体はもはやボロボロなんだ。後半のブレイクやゴードンに伝えたバットマンの言葉はまさにヒーローの引継ぎでしかない。特にゴードンに言った「ヒーローはどこにでもいる。少年の肩に上着を掛け世界の終わりではないと励ますような男だ」というセリフには震えたし、僕が今作品で1番好きなシーンだ。

その上で今作のタイトルを見直すとダークナイト・ライジング・・・「バットマンは甦る、立ち上がる」みたいな意味でいいと思うけど、これはブルースが引退しようがゴッサムシティの住人が正義の為に立ち上がれば誰もがヒーローになれる、つまりバットマンになれると考えれば「なるほどなあ」と納得できない?

それにしても本当にクリストファー・ノーラン監督は素晴らしい仕事をしたと思う。どちらかというと子供向けだったバットマンをここまでシリアスに大人向けにリメイクした事はもちろん、今アメコミ実写映画がハリウッドで定番となっているのも全てこのダークナイト トリロジー三部作による功績と言っていい。

というか・・・実はこの三部作の方こそ原作をリスペクトしたバットマン映画だと言いたい。

評価

駄作派の人に対して必死に反論した形になったけど、映画をあまり観ない人からしたら退屈な映画に属するのかな・・・正直なところ、僕はもう麻痺しているかもしれませんw確かにアイアンマンサムライミスパイダーマンみたいなキャッチーなアメコミを求めて観た人にとっては少しシリアスすぎるのかも・・・でもそういう前提無しに観たら絶対面白い映画だと思うんですけどね。

バック・トゥ・ザ・フューチャーロード・オブ・ザ・リングなど映画には三部作が色々ありますが、僕的にはこのバットマン三部作が一番好きです。

見た目だけじゃなく人生背景も含めて、こんなにかっこいいヒーローいなくないですか?贔屓目になりすぎかもしれませんが、オススメできる映画だという事は間違いありません!

まだ観てない方はこちらもどうぞ

1作目「バットマンビギンズ

2作目「ダークナイト

では、良き映画の時間をお過ごしください。