映画「カメラを止めるな!」あらすじ、感想【製作費300万円で売れた理由】

カメラを止めるな!

2017年11月に先行公開。その後、国内及び海外の映画賞を数々受賞し、2018年6月に日本国内で凱旋上映を行った。気が付けば全国上映・・・何がそんなに評価されたのか?というわけで賛否両論になってる理由も書いていく。

一応、極度のネタバレはしてないがまだ観てない人は読まない事をおすすめする。

※若干こき下ろしてるので作品が好きな方は気分を害したらごめんね。ただできれば今作品と同じく、どうか最後まで読んでほしい。

作品情報

優秀作品賞
優秀監督賞 – 上田慎一郎
優秀脚本賞 – 上田慎一郎
優秀主演男優賞 – 濱津隆之
優秀撮影賞 – 曽根剛
優秀音楽賞 – 鈴木伸宏、伊藤翔磨、永井カイル
優秀録音賞 – 古茂田耕吉
優秀編集賞 – 上田慎一郎
話題賞 – 作品部門

日本アカデミー賞だけでもこれだけ受賞・・・!他にも国内外問わず数多の賞を総なめしている。

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。 ”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。(C)ENBUゼミナール

カメラを止めるな!

amazonより

キャスト、スタッフ

監督・脚本・編集:上田慎一郎

日暮隆之 – 濱津隆之
日暮真央 – 真魚
日暮晴美 – しゅはまはるみ
松本逢花 – 秋山ゆずき
神谷和明 – 長屋和彰
細田学 – 細井学
山ノ内洋 – 市原洋

監督含め有名どころは出ていません。なんせ製作費300万ですから!

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

 

 

 

 

感想

  • 製作費300万円という低予算映画
  • ワンカットで撮られた37分の映像は必見
  • ゾンビ映画なのに一切怖くない

なんでもいいけど面白いの??

本作品は芸能界の著名人や映画関係者も大絶賛だし、賞も海外含め数多に受賞している。SNSで口コミが広がり興行成績も30億円超えたようでビジネスとしても大成功だ!でも、だからといって名作か?と言われたら難しい。正直僕は一本の映画作品として名作とは全く思わない

まず、冒頭から37分間ワンカットでの短編B級ホラー映画が流れるんだけど、ここから既に第1の伏線が張られていて映画が好きな人ほど違和感に気づきやすくなっている。で、その後の登場人物達の日常の中に第2の伏線が張られており、これは映画をほとんど観ない人でも気づきやすくなっている。といってもどちらも気づきやすいが。とにかくそれらの伏線を全てラスト30分に回収していく、これが痛快で最大の見せ場というのは理解できるんだ。

映画をあまり観ない人からしたら普通の映画とは明らかに違うストーリー構成なのでインパクトが大きい上に、話題が先行して色々な人が絶賛してるからまわりに流されて面白いといってしまう人が多いのも頷ける。一方で低予算なので大作映画へのアンチテーゼのような今作品をプッシュしていく業界人達の気持ちもよくわかる。でも・・・だからといって簡単に名作と言うのは逆に映画の未来に悪影響を及ぼすように思う。

ちなみに上記した伏線については、色々なレビューサイトや映画ブログにてたくさんの人が考察していて「よくできてる!」というんだけど、ぶっちゃけ伏線が露骨すぎるし映画の手法としては手垢がついてるどころではないのでよくはできてない。

はじめの37分が退屈だったけど、そういう映画か!と理解できてからは腹抱えて笑いました!」

こういう声がレビューで多かったんだけど、本当に退屈なのは登場人物達の背景を描く日常シーンであり、むしろ冒頭37分の映像はワンカットで長回し大変そうだなあと感心が勝ってしまう。僕も特に予告など前提知識0で観たが、冒頭37分で大落ちまで読めちゃったので、さっさとラストが観たい!となってしまった。今作品は2回3回と観た人もいると思うけど、そういう人は冒頭37分を観た時に雑すぎて笑えたでしょう?もう一度言うけどそれは伏線が露骨すぎるから。

結果、1時間半映画で冒頭37分がつまらない作品になっているという事だ

どう楽しむか、良かった点はあるのか?

では凡作、駄作なのか?と言われたら断じて違う。でも名作じゃない。むしろそんな次元の映画ではない。

は?何言ってるんだお前

待ってくれ、最後まで読んでほしい。どういう事か説明していくと、今作品は露骨すぎた伏線をもっと上手にやっていれば面白かったと言いたいが、もどかしいかな・・・それはストーリーや設定上、不可能なのだ。

何故なら、観客に気付いてもらわないといけない映画だから。

この映画は冒頭37分のワンカット映像がつまらなくてはいけないというイカれたギャンブルをかましてるのだ。想像してみてほしい、貴方が映画監督だとして「序盤はつまらないものなんですが・・・」と大手配給会社やスポンサーにプレゼンしてGOサインをもらえる気・・・する?絶対にOKは出ないだろう。この、そもそも脚本が破綻してるともいえるアイデアを何とか作品に昇華させる為、制作陣は相当努力したと僕は思う。加えて、この制作陣たちが映画が好きすぎて脳が焼き切れてる愛すべき馬鹿なんと感じられるのも嬉しくなる。

そしてラスト30分、伏線に気づいた観客は相当なカタルシスを感じながら観れただろう。事実、僕はケラケラ笑いながら楽しめたし、ラスト10分の組体操シーンなんかは「頑張れ!頑張れー!」とハラハラする至極の名シーンだと言いたい。僕はそもそも映画のジャンルでは喜劇が一番好きなんだけど、今作品のクライマックスはまさに喜劇である。

しかし・・・僕がこの映画で一番称賛したい部分は他にある。

評価

本記事は今作品に対してリスペクトの意味を込めて少し変わった書き方をした。色々と混乱してしまった方には申し訳ない。

ただ、誤解してほしくないのは本当に名作とは思っていない。それに300万円という低予算なのにすごい!とも言いたくない。そうじゃないんだ。この映画は冒頭37分+退屈な日常シーンで徹底的に伏線を張り、ラスト30分で回収していくところに面白さがある。

それは間違いないんだけど、この2段階だけで「名作!」と叫んでる人が多いのが悔しい。何故なら今作品はエンドロールで3段階目を作っている事、この部分こそ最大限に評価すべきだと僕は思った。これは別に低予算云々など関係がなく、シンプルに映画の構成としてエンドロールまで上質なエンターテイメントになっており、それは制作陣が僕達を楽しませようとしてくれた証明だと言えるのだ。興行収入的にも大成功してるし、その背景には海外の映画ファンが評価してくれた事、そして日本でもSNSで拡散していった事が大きな要因だろう。邦画史上かなり異端な作品が埋もれなくて本当に良かった・・・制作陣にはありがとう、そしておめでとうと言いたい。これは駄作でも凡作でも名作でもない、言うなれば映画馬鹿が作ったパンクのような・・・異端作だ。

最後に・・・もしまだ観てないのに最後まで読んじゃった方、公式の予告動画など事前宣伝を超えたネタバレは一切書いてないので、どうぞ一度ご覧になって欲しい!僕は超オススメするよ。

では、良き映画の時間をお過ごしください。