映画「怒り」あらすじ、感想【プロパガンダ映画?本質を観よう】

怒り

2016年9月17日公開のサスペンス&ヒューマンドラマ

観終わった後、色々な感情が駆け巡りました。人によってかなり印象が変わるんじゃないかな。李相日監督ならではの独特な温度とスピードで描かれる完成度の高い名作です。

作品情報

日本アカデミー賞も数多く受賞

最優秀助演男優賞:妻夫木聡
優秀作品賞
優秀監督賞:李相日
優秀脚本賞:李相日
優秀主演女優賞:宮崎あおい
優秀助演男優賞:森山未來
優秀助演女優賞:広瀬すず
新人俳優賞:佐久本宝
優秀撮影賞:笠松則通
優秀照明賞:中村裕樹
優秀美術賞:都築雄二、坂原文子
優秀録音賞:白取貢
優秀編集賞:今井剛

納得の受賞です。ちなみにこの年の最優秀作品賞はシン・ゴジラでしたけど、個人的にはこちらの方が好きですね。

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。現場には、『怒』の血文字が残されていた。犯人は行方をくらました。事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。千葉――3か月前に突然家出をした愛子を連れて帰った父・洋平は、千葉の漁港で働く。8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代に出会った。東京――大手通信会社に勤める優馬は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。ある日、優馬は新宿で直人に出会った。沖縄――男と問題を起こした母と、夜逃げ同然で離島に移り住んできた高校生の泉。ある日、無人島でバックパッカーの田中に遭遇した。殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。その顔は、出会った男に似ていた。(C)2016映画「怒り」製作委員会

怒り

amazonより

キャスト、スタッフ

原作 – 吉田修一
監督・脚本 – 李相日
音楽 – 坂本龍一

千葉編
槙 洋平 – 渡辺謙
槙 愛子 – 宮崎あおい
田代 哲也 – 松山ケンイチ
明日香 – 池脇千鶴

東京編
藤田 優馬 – 妻夫木聡
大西 直人 – 綾野剛
藤田 貴子 – 原日出子
薫 – 高畑充希

沖縄編
田中 信吾 – 森山未來
小宮山 泉 – 広瀬すず
知念 辰哉 – 佐久本宝

その他
南條 邦久 – ピエール瀧
北見 壮介 – 三浦貴大
早川 – 水澤紳吾

吉田修一 x 李相日・・・この二人は悪人でもタッグを組んでますね。

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

 

 

 

 

感想(ネタバレ少なめ)

  • 冒頭のつかみが素晴らしい!
  • 全体的にセブンを彷彿とさせる雰囲気
  • プロパガンダ映画として観ないで!もったいないよ。

サスペンスで引き込んで人間ドラマに落とす

李相日監督すごいわ。

この方の映画はテンポがゆっくりしてるのに、しっかりと後半ギアがあがってきて観終わった後は必ず作品について考えさせられてしまう。フラガール悪人も面白かったけど、これは別格で面白いと感じた。今作品は交わらない3つのオムニバスストーリーになっているが、それぞれが秀逸なヒューマンドラマになってるし、逆にこの3つが無いと成立しないものになっている。そもそも原作自体が素晴らしいからなんだけど、それを映像化し綺麗にピリオドをうったのは監督の手腕だろう。

まず冒頭、閑静な住宅街でおきたある夫婦の殺人事件から始まる。その凄惨なシーンは観る者の心をいきなりえぐり、この映画は重い映画なんだとしっかり認識させてくる。そしてすぐに登場人物たちの日常を丁寧に描き出すが、誰かが犯人かもしれないという謎解き要素とセブンのようなサスペンスの雰囲気もあいまって目に見えない恐怖が充満する。

この秀逸なつかみから今度は交わらない3つのヒューマンドラマがゆっくりと進行するんだけど、千葉編は松山ケンイチ、東京編は綾野剛、そして沖縄編には森山未來が登場して、各ストーリーをキーマンとして盛り上げていく。言ってしまえば、この3人の誰かが殺人事件の犯人なのだが、その犯人かもしれない男とごく普通に関わっていく人達を僕ら観客が客観的に観ていくわけだ。もう、それはそれは観ていてソワソワする。

他サイトのレビューをみてみるとミスリードが強すぎるとちらほら言われており、確かに少し無理がある設定もあったりするんだけど、そもそもこの作品は「犯人が誰なのか!?」を楽しませようとしてるわけではなくて、あくまでもヒューマンドラマに軸があるんだ。

もし仲の良い身近な人間が殺人犯だったら・・・そしてその人が自分にとって大切な人だったら・・・?

どう思う?どうする?考えただけでぞっとしない?むしろぞっとするだけじゃ済まない・・・その恐怖は、もはやホラー映画とも言えるような雰囲気さえあるんだけど、中盤からは怖さを保ちつつ本質は段々と変わってくる。

人を信じる事の難しさ

この映画は監督が在日朝鮮人3世というのも関係してるせいか、沖縄の米軍基地問題など社会問題を取り上げておりプロパガンダ映画という人もいる。しかし米兵によるレイプ事件があるのは事実で、彼らが基地に逃げ込んだらどうしようもないのも事実。こうしたどうしようもない問題というのは別に米軍基地問題だけじゃなくても、例えば性癖だったり家庭事情だったりと個人レベルでのコンプレックスという形で皆少なからず抱えながら生きている。このどうしようもない問題を抱えていると湧いてくるのがどうしようもない怒りなのだ。

特に信じていた人に裏切られた時はその相手に怒りを覚えるよね。反面、人を裏切ってしまった場合・・・つまり人を信じる事ができなかった時は自分に対して怒り覚えるんじゃないかな。でもこうした人間関係を誰もが自分なりにバランスを保ちつつ、やりくりしているよね。

真犯人はこうした人間関係にほとほと嫌気がさして孤独に生きてきたが、ちょっとしたきっかけで人の優しさに触れてしまった。そして、もしかしたら今度こそ相手を信じたり、信じてもらえたりできるかも・・・と、よぎってしまう自分自身にまたイライラしていたのかもしれない。実は彼が登場人物の中で一番人を信じてしまう純粋な人間だったんじゃないかな。だからこそ裏切られた時の怒りは人一倍であり、中途半端な優しさに拒否反応が出てしまう。

その真犯人は、後半ある人物に殺されてしまうが僕には自殺のように見えた。彼は社会に溶け込めない自分にどうしようもない怒りを覚え、その怒りを抑えられない自分に疲れ果てていたのではないか?だからもう終わりにしよう・・・と。もちろん、人を殺してしまったという罪に同情の余地はないが、どうしてもこの犯人の心情を理解してあげたくなったのは僕だけだろうか?人間というのは誰かの優しさを受け入れていく事でだんだんと心が穏やかになり、だんだんと社会に溶け込めるようになるのかもしれないね。俗世や人間関係を歪んだ目で見続けてきた彼には、全て薄っぺらく映っていたのかもしれない。

そして最後、広瀬すずがどうしようもない怒りを糧に海に向かって叫んでエンドロールを迎えるんだけど、この時の広瀬すずの表情は怒りの中に何か吹っ切れたような清々しさを感じさせる。怒りという感情・・・こりゃ一体なんなんだろう。基本的には何かどうしようもない事に直面した時は怒ったって解決しないが、場合によっては怒る事で色々な事が消化され前に進めるようになるのも確か。

怒りとは人生においてこの上ないガソリンにもなるという事か。

エンドロール手前で初めて「怒り」という映画のタイトルが映し出されるが、最後に持ってこられた事で余計考えさせられてしまった。監督、良い意味で意地悪だなあ!

評価

いやあ・・・近年稀にみる難しい映画だと思ったよ。これほどまでに複雑な心情を描いた李相日監督は本当に素晴らしい!

本記事は何度も書き直してみたけどこれが限界だった。読んでいて理解しにくいと感じた人がいたらごめんなさい。でも映画自体は観ていて難しくないし理解しやすいんだ!描いている心情描画を深く考えだすと難しく感じるというか・・・とにかくめちゃくちゃ面白い名作なので、是非ご自身で観てほしい。出演者全員が尋常ではない演技力だったので、それだけでも一見の価値ありだよ。

シン・ゴジラも面白いっちゃ面白かったけど、最優秀作品賞はやっぱこっちだと個人的には思う。

では、良き映画の時間をお過ごしください。