映画「チア☆ダン」あらすじ、感想【2時間みてられない理由】

チア☆ダン

2017年公開、普通の女子高生がチアダンスでワーキャーするオーソドックスな青春映画。

広瀬すず中条あやみの可愛らしさ全開!ダンスもすごい!でも・・・でもなあ・・・

作品情報

2009年に普通の女子高生である福井商業高校のチアリーダー部JETSが、本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝。彼女らをモデルにしたノンフィクション作品

ちなみに正式タイトルは「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

あらすじ

世界が驚いた! 24人の女子高生と鬼教師による“できっこない”3年間!
県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬すず)は、中学から同級生でサッカー部の孝介(真剣佑)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし彼女を待ち受けていたのは、顧問の鬼教師・早乙女薫子(天海祐希)による、「目標は全米大会制覇! おでこ出し絶対! 恋愛禁止! 」という超厳しいスパルタ指導! ! 早々に周りが退部していく中、チームメイトで部長の彩乃(中条あやみ)の存在もあり何とかチアダンスを続けていく決意をするひかりだった。しかし、素人だらけのチームは、初めての大会で観客に笑われるほどの失敗をしでかす。チーム内での確執も深まり、チームの気持ちは完全にバラバラになってしまう。校長や教頭が廃部を決定する寸前、ひかりは校長室におしかけとんでもない宣言をする
「私たちアメリカで優勝します! 」
ポンコツチアダンス部は“全米大会制覇”に向かって走り出す! ! フツーの女子高生たちの夢への挑戦が今、始まる――。(引用:amazon)

チア☆ダン

amazonより

キャスト、スタッフ

監督 河合勇人
脚本 林民夫

友永ひかり・・・広瀬すず
玉置彩乃・・・中条あやみ

永井あゆみ・・・福原遥
山下孝介・・・新田真剣佑
矢代浩・・・伊藤健太郎

校長・・・きたろう
早乙女薫子・・・天海祐希

新田真剣佑と伊藤健太郎は最近ドラマなどでも引っ張りだこになってきましたね!

 

ここからはネタバレ有りの感想になるのでご注意くださいな。

今回は酷評してるので作品が好きな方は気を悪くしたらごめんなさい

 

 

 

 

感想(ネタバレあり)

  • 広瀬すず可愛い
  • 中条あやみキレイ
  • 題材は一級品なのに

演出が雑すぎる、特に序盤はきつい

正直、開始10分で「観るのちょっとやめよかな・・・」と思った。

理由は演出が雑!登場人物たちの人間関係、普通の女子高生である主人公のひかりがチアダンスに真剣に取り組み始めていく動機、スパルタ先生の登場から背景、先輩部員の描画など・・・あげたらキリがない。とにかくスタート導入部分が致命的に失敗している。そしてストーリーの転機となる40分前後・・・初めての大会が散々な結果に終わりメンバーの心がバラバラになってしまうシーンだが、序盤の導入失敗もあり登場人物の感情のベクトルがぐちゃぐちゃ、観ていて恥ずかしくなってくるレベルだ。何よりも残念なのは、クライマックスの最後にあるダンスシーン・・・実況アナのしょうもないセリフやライバルチームの複雑な表情など一切いらなかった。あそこはとにかく彼女たちのダンスを観たいとこだろうよ!そうだろうよ・・・。

広瀬すずと中条あやみなんて若手女優の中でもS級の人気を誇るし、他の役者さんも誰も変な演技をしているわけではない。今回悪いのはキャストではなく監督、脚本、制作会社。救いがあるとすればネット上の評価がそこまで悪くない事かな。

と、稀にみる酷評をしてるけど、本来僕はこういったコッテコテの青春群像作品は大好物なんだ!だからこそ逆に悲しいというかムカつくんだよね。

矢口史靖に撮ってほしかった

監督らがやりたかった事はよくわかる。

普通の学生たちが苦楽を共にして一つの目標に向かい突っ走る!そんなオーソドックスな青春映画だ。そして今回の題材である福井商業高校のチアリーダー部JETSが全米制覇という出来事は100点満点の素材なのは間違いない。ちなみにこの類で有名な作品といえば「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の二作品。ご存知の方も多いと思うが、この二作品の監督はどちらも同じ矢口史靖だ。映画好きは誰もが気付いたし、内心叫んだんじゃないか?

矢口史靖が撮っていればなあ・・・!

正直、僕はここまで酷評していても天海祐希広瀬すずが抱き合うシーンにはウルウルきたんだ。伊藤健太郎の素朴な表情には感心したんだ。メンバーたちのダンスには驚いたんだ!それほど役者の演技は良かったし、だからこそ僕は2時間最後までこの映画を観ることができた。それだけは理解してほしい。

評価

今作品を一言でまとめるならば”もったいない”

  • 演出が雑。
  • 問題は制作陣。
  • でも役者たちの演技が良いので最後まで観れる。

今作品を通じて改めて映画というエンターテイメントの難しさとすごさを感じたよ。上記に書いた矢口史靖がどれほど素晴らしい監督なのかよくわかる。河合勇人監督には次回作に期待します。ちなみに脚本家の古沢良太とタッグを組んで撮った鈴木先生は面白い作品なんです。ドラマも映画もよかったので騙されたと思って観てほしい。

それと余談だけど、アマゾンプライムのコメント欄で「時間がなく飛ばし飛ばしで30分くらいしか観れませんでしたが良かったです」という星5評価を見かけたけど、できる事なら書いた方とお会いして小一時間ほどインタビューしたくなったよ。

では、良き映画の時間をお過ごしください。